長野県佐久市 岩村田商店街 佐久っ子WAONカード 子育て村 寺子屋塾


岩村田(長野県佐久市岩村田)は、長野県の東側に位置し群馬県との境を接する佐久市にあります。
古くは中山道69次のうち第22次の宿場町として栄え、商業も発展しました。


首都圏からの玄関口、今なお発展を続ける佐久平駅周辺、さらにその外側の住宅を中心とした昔ながらの街並みの対比。
岩村田本町商店街はそんな古き良き時代を色濃く残し、地域の皆さんに愛され続ける商店街です。
「手づくり 手仕事 技(わざ)の街」
これが岩村田本町商店街のテーマ。テーマのとおり、商店街には丁寧に人の手をかけて作られた特長のある商品やサービスを提供するお店がたくさんあります。

商店街近隣には、歴史をしのぶことができる場所や、親子連れでも楽しめる施設など、みどころがたくさんあります。散策につかれたら、商店街で一休みなんて、いかがですか?

岩村田の歴史

岩村田は、中山道と佐久甲州街道が交差する位置にあります。
当時の岩村田は商人町の性格をもった宿場町で旅籠は8軒だけ本陣・脇本陣がないのは、中山道では、高崎とここ以外には見られません。
現在、昔日の面影はないが、本街道の東に並行する荒宿に、”従是善光寺”の道標があり町並みにも往時の面影が多少残っています。



岩村田の殿様の姫は器量が悪くて嫁入りできず、湯川のお船の渕に身投げ。
これを憐れんだ村人らは祇園祭の折りに不器量を現わす鬼の面をつけた「お船さま」を飾り、祇園さんが町角を曲がってみえなくなると、お船さまの屋台を側立てた十メートルもの棒とともに地面に落として分かれを惜しんだ、という話が残っており、現在の「岩村田ぎおん祭り」でもこれに由来した行事が行われています。

佐久といえば「佐久鯉」。
清涼な湧き水で育てられた身の締まったおいしい鯉を食べることができるお店が、ここ岩村田にもたくさんありますよ。ぜひ一度、お試しください。